コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿糸紡績 メンシボウセキ

デジタル大辞泉の解説

めんし‐ぼうせき〔‐バウセキ〕【綿糸紡績】

綿の繊維を紡いで糸にすること。綿紡績。綿紡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の綿糸紡績の言及

【紡績】より

…(1)繊維の長さによる分類 (a)短繊維紡績(繊維長約50mm以下),(b)長繊維紡績(繊維長約50mm以上)。(2)原料による分類 (a)綿糸紡績および落綿紡績,(b)毛糸紡績(梳毛(そもう)紡績,紡毛紡績),(c)絹糸紡績(長綿紡績,短綿紡績,紬糸(ちゆうし)紡績),(d)麻糸紡績(亜麻紡績,ラミー紡績ほか各種),(e)化学繊維の紡績(綿紡式,毛紡式,トウ紡績,直紡式)。 紡績法における短繊維,長繊維の区別は明確でなく,綿と同様な紡績法をとる場合は短繊維紡績,梳毛と同様な場合は長繊維紡績である。…

※「綿糸紡績」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

綿糸紡績の関連キーワード広島県広島市安芸区上瀬野町伊藤 伝七(10代目)鹿児島紡績所日本産業革命日本資本主義庄司 乙吉プレストン紡績連合会綿織物工業紡績工業繊維産業染色工業永江純一鹿島万平石河正竜織物工業女工哀史岡田令高山辺丈夫亀岡勝知

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android