コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緊急土地対策要綱 きんきゅうとちたいさくようこう Outline of Urgent Countermeasures on Land

1件 の用語解説(緊急土地対策要綱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緊急土地対策要綱
きんきゅうとちたいさくようこう
Outline of Urgent Countermeasures on Land

土地取引の適正化,国公有地などの処分,税制上の措置および再開発,住宅・宅地開発の推進などを目的に 1987年 10月に閣議決定した土地対策の指針。 86年ごろから著しい地価高騰が東京および周辺都市で顕在化したため,87年7月に新行革審に土地対策検討委員会が設置された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緊急土地対策要綱の関連キーワード土地基本法地種補助金適正化法マンション管理適正化法無租地民公有地下請取引適正化推進月間公有地政策風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律補助金等に係る予算の執行の適正化に関する法律

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone