コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅地開発 たくちかいはつ

2件 の用語解説(宅地開発の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宅地開発
たくちかいはつ

都市計画的配慮のもとに,宅地を造成する行為。開発にあたって関連都市との地理的関係や交通・輸送を考慮する点,また,学校,保育所,道路,都市公園,上下水道などの都市としての機能を整備する点が単なる宅地造成と異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たくちかいはつ【宅地開発】

宅地開発とは,第1に,利用目的である住宅用地用にかなうように,素地(農地や山林など)としての土地の形質変更を行い,建物を安全に建築しうる敷地に変更する宅地造成を行うこと,第2に,各敷地が都市居住にとって必須の都市施設網(街路,公園,学校,上水道,下水道,ガス,電力,電話などのネットワーク)に支えられるマクロな都市環境整備を行うこと,第3に,敷地どうし相隣関係,おもに敷地規模,建物の壁面線,容積率・建ぺい率,隣地境や道路境にある垣根や塀などのミクロ住環境整備を行うこと,である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宅地開発の関連キーワードデベロッパー住宅地住宅・都市整備公団日本住宅公団宅地開発指導要綱可変型住宅宅地開発公団林地開発と伐採宅地開発供給業ミニ開発

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宅地開発の関連情報