コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宅地開発 たくちかいはつ

2件 の用語解説(宅地開発の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宅地開発
たくちかいはつ

都市計画的配慮のもとに,宅地を造成する行為。開発にあたって関連都市との地理的関係や交通・輸送を考慮する点,また,学校,保育所,道路,都市公園,上下水道などの都市としての機能を整備する点が単なる宅地造成と異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たくちかいはつ【宅地開発】

宅地開発とは,第1に,利用目的である住宅用地用にかなうように,素地(農地や山林など)としての土地の形質変更を行い,建物を安全に建築しうる敷地に変更する宅地造成を行うこと,第2に,各敷地が都市居住にとって必須の都市施設網(街路,公園,学校,上水道,下水道,ガス,電力,電話などのネットワーク)に支えられるマクロな都市環境整備を行うこと,第3に,敷地どうし相隣関係,おもに敷地規模,建物の壁面線,容積率・建ぺい率,隣地境や道路境にある垣根や塀などのミクロ住環境整備を行うこと,である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宅地開発の関連情報