当面(読み)とうめん

精選版 日本国語大辞典「当面」の解説

とう‐めん タウ‥【当面】

〘名〙
① 目の前に存在すること。目の前。
※正法眼蔵(1231‐53)洗浄「つぎに浄桶を当面の浄桶位に安ず」 〔水滸伝‐第一回〕
② (━する) さしあたって対処すべきこととして直面すること。
※土(1910)〈長塚節〉四「他人の悲哀はどれ程痛切でもそれは自己当面の問題ではない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「当面」の解説

とう‐めん〔タウ‐〕【当面】

[名](スル)
じかに向き合うこと。まのあたりにすること。直面。「難局当面する」
(副詞的にも用いる)さし迫っていること。さしあたり。「当面の急務」「当面問題はない」
当座[用法]
[類語]当座当分しばらく迎える差し向き差し当たりひとまずさしずめとりあえずまずもって

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「当面」の解説

【当面】とう(たう)めん

眼前。また、会う。〔初学記、二十一に引くの書〕(銘心(さいよう)の書に曰く、侍中執事、相ひ見(まみ)ゆること無し。惟だ是れ筆のみ、以て面(会)に當(あ)つべし。

字通「当」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android