当面(読み)トウメン

デジタル大辞泉の解説

とう‐めん〔タウ‐〕【当面】

[名](スル)
じかに向き合うこと。まのあたりにすること。直面。「難局に当面する」
(副詞的にも用いる)さし迫っていること。さしあたり。「当面の急務」「当面問題はない」
当座[用法]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

とう‐めん タウ‥【当面】

〘名〙
① 目の前に存在すること。目の前。
※正法眼蔵(1231‐53)洗浄「つぎに浄桶を当面の浄桶位に安ず」 〔水滸伝‐第一回〕
② (━する) さしあたって対処すべきこととして直面すること。
※土(1910)〈長塚節〉四「他人の悲哀はどれ程痛切でもそれは自己当面の問題ではない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

薬剤耐性菌

薬剤、特に抗生物質などに対する抵抗性を獲得した細菌。MRSA(メチシリン耐性黄色ぶどう球菌)・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)など。耐性菌。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android