コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑のテーブル みどりのテーブルDer grüne Tisch; The Green Table

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緑のテーブル
みどりのテーブル
Der grüne Tisch; The Green Table

8場のバレエ。振付,台本 K.ヨース。音楽 F.コーエン。衣装,装置 H.ヘックロード。 1932年パリ,シャンゼリゼ劇場でヨース・バレエ団によって初演。戦争の悪を死の舞踏として描いたもので,パリのマレ舞踊研究所主催の国際振付コンクールで第1位を得てヨースの代表作となった。戦争のあらゆる醜い面を描き,不毛な会議から始り会議に終るという形式をとっている。第2次世界大戦後も,記念碑的な反戦舞踊として,チリ国立バレエ団,R.ジョフリー・バレエ団,ネザーランド・ダンス・シアターなどのレパートリーになっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

緑のテーブル

ドイツの舞踊家・振付家クルト・ヨースによるバレエ(1932)。原題《Der grüne Tisch》。音楽はフレデリック・コーエン。パリの国際舞踊コンクールの優勝作品。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

緑のテーブルの関連キーワードモダン・ダンス太刀川 瑠璃子K. ヨースハッチンソン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

緑のテーブルの関連情報