緑岩・緑巖(読み)りょくがん

精選版 日本国語大辞典 「緑岩・緑巖」の意味・読み・例文・類語

りょく‐がん【緑岩・緑巖】

〘名〙
① みどり色をした岩。
経国集(827)一四・奉和清涼殿画壁山水歌〈菅原清公〉「漁人鼓枻湌浪裏、田父牽犂緑巖趾」 〔寒山詩
② =りょくしょくがん(緑色岩)〔英和和英地学字彙(1914)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

焦土作戦

敵対的買収に対する防衛策のひとつ。買収対象となった企業が、重要な資産や事業部門を手放し、買収者にとっての成果を事前に減じ、魅力を失わせる方法である。侵入してきた外敵に武器や食料を与えないように、事前に...

焦土作戦の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android