コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寒山詩 かんざんし

百科事典マイペディアの解説

寒山詩【かんざんし】

中国,唐代の詩作品。310首。7―8世紀ごろの寒山寒山拾得(じっとく))の作と伝える。天台教学や南宗禅とも関連するが,唐中期以後の在家仏教も反映し,ただ一人の作者の作品ではない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

寒山詩の関連キーワード寒山・拾得太田 悌蔵小坂 奇石西谷啓治隠巌衍真太田悌蔵小坂奇石白隠

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android