寒山詩(読み)かんざんし

百科事典マイペディア「寒山詩」の解説

寒山詩【かんざんし】

中国,唐代の詩作品。310首。7―8世紀ごろの寒山寒山拾得(じっとく))の作と伝える。天台教学や南宗禅とも関連するが,唐中期以後の在家仏教も反映し,ただ一人の作者の作品ではない。主題は人間的悩み,隠者への懐疑,似而非(え)坊主への嘲罵(ちょうば),肉欲財欲の戒めなどで,脱俗の世界ばかりとは限らない。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android