コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑簾岩 りょくれんがん epidosite

1件 の用語解説(緑簾岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

緑簾岩

緑簾石を主成分とする粒状の岩石で,一般に石英,長石,ウラル石,緑泥石などの二次鉱物で構成されている.このような岩石は塩基性の火成岩変成岩交代作用によって形成されたもので,レンズ状あるいは脈状体として産出する[Reichenbach : 1834, Harker : 1932, Flawn : 1951].スティルウェル変成分化作用(metamorphic differentiation)の生成物と考えた(Stilwell : 1918].epidotite[Cordier : 1842-1848, 1868],pistazitfels[Cotta : 1862],pistacite rockもすべて同じで,主に緑簾石からなる岩石.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緑簾岩の関連キーワード筋フィラメントヴリナイトグロコファナイトプラシン岩角閃岩硬玉岩ウナカ岩ヘルシンキ岩ペドロス岩グリンメライト

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone