コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑簾岩 りょくれんがんepidosite

岩石学辞典の解説

緑簾岩

緑簾石を主成分とする粒状の岩石で,一般に石英,長石,ウラル石,緑泥石などの二次鉱物で構成されている.このような岩石は塩基性の火成岩か変成岩が交代作用によって形成されたもので,レンズ状あるいは脈状体として産出する[Reichenbach : 1834, Harker : 1932, Flawn : 1951].スティルウェルは変成分化作用(metamorphic differentiation)の生成物と考えた(Stilwell : 1918].epidotite[Cordier : 1842-1848, 1868],pistazitfels[Cotta : 1862],pistacite rockもすべて同じで,主に緑簾石からなる岩石.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

緑簾岩の関連キーワード球顆緑簾岩

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android