コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線グラフ セングラフ

1件 の用語解説(線グラフの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せん‐グラフ【線グラフ】

数量を線分で表したグラフ

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の線グラフの言及

【統計グラフ】より

…この場合の配列は各帯とも同じ順序にする。
[線グラフ]
 一つの量の動きに対する他の量の変化の状態を表す関数グラフで,とくに時間の経過に応じて変化する量を考える場合(時系列という)が多く,折れ線(図5)または曲線で表す。棒グラフでは絶対量の大小を長さの長短で表すのに対し,線グラフでは変化の状況を高さの増減で表すため,基線の位置における目盛を必ずしも0にしなくてよい。…

※「線グラフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

線グラフの関連情報