線グラフ(読み)セングラフ

精選版 日本国語大辞典の解説

せん‐グラフ【線グラフ】

〘名〙 (グラフはgraph) 数量の変化の様子や分布状態を表わすグラフの一つ。数量の大きさに比例する線分(棒)を並べたもの。棒グラフ

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の線グラフの言及

【統計グラフ】より

…この場合の配列は各帯とも同じ順序にする。
[線グラフ]
 一つの量の動きに対する他の量の変化の状態を表す関数グラフで,とくに時間の経過に応じて変化する量を考える場合(時系列という)が多く,折れ線(図5)または曲線で表す。棒グラフでは絶対量の大小を長さの長短で表すのに対し,線グラフでは変化の状況を高さの増減で表すため,基線の位置における目盛を必ずしも0にしなくてよい。…

※「線グラフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android