コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線量率効果 センリョウリツコウカ

デジタル大辞泉の解説

せんりょうりつ‐こうか〔センリヤウリツカウクワ〕【線量率効果】

受けた放射線総量が等しい場合、一般に慢性被曝より急性被曝の方が生体への影響が大きくなること。線量率が低い場合、細胞内のDNA損傷を受けても、自己修復するためと考えられている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例