練絹座(読み)ねりぎぬざ

世界大百科事典 第2版の解説

ねりぎぬざ【練絹座】

ともいわれ,中世,祇園社本所として絹織物の加工・販売にあたった座。成立は鎌倉初期で,1277年(建治3)正月《万物涌出諸庄園乃貢検納記録》にみえ,〈絹座左方神人平御房丸〉などとあるので,左方,大方,寄方など,いくつかのグループに分かれていたと推定される。南北朝期ごろには四条室町,五条坊門あたりに店舗をもち,札を支給されて営業している。諸役として札根銭を納めるほか,祇園会の桟敷用途も負担した。1431年(永享3)の《祇園社記》に〈一年一度 練絹座 土貢壱貫文〉とあるのは,このころ練絹座が健在であったことを物語る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android