コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練絹座 ねりぎぬざ

1件 の用語解説(練絹座の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ねりぎぬざ【練絹座】

絹座ともいわれ,中世,祇園社を本所として絹織物の加工・販売にあたった座。成立は鎌倉初期で,1277年(建治3)正月《万物涌出諸庄園乃貢検納記録》にみえ,〈絹座左方神人平御房丸〉などとあるので,左方,大方,寄方など,いくつかのグループに分かれていたと推定される。南北朝期ごろには四条室町,五条坊門あたりに店舗をもち,札を支給されて営業している。諸役として札根銭を納めるほか,祇園会の桟敷用途も負担した。1431年(永享3)の《祇園社記》に〈一年一度 練絹座 土貢壱貫文〉とあるのは,このころ練絹座が健在であったことを物語る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

練絹座の関連キーワード祇園梶子犬神人祇園祇園会領家祇園社祇園守り祇園臨時祭倉敷地行快(2)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone