田端(読み)たばた

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田端
たばた

東京都北区の南東端、JR京浜東北線と山手(やまのて)線の分岐点田端駅を中心とする地区。駅の西側は山手台地の一部で田端、東側は沖積低地で田端新町とよぶ。低地は水田地域で、田の端にあることが地名のおこり。田端駅には大操車場があり、それをまたぐ田端大橋は長さ250メートルと長い。駅は1896年(明治29)開設。西側の台地は寺院が多く、大龍(だいりゅう)寺に正岡子規(しき)の墓がある。低地の工場と台地の住宅は対照的である。[沢田 清]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田端の関連情報