コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁妙尼 えんみょうに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

縁妙尼 えんみょうに

?-? 平安時代中期の尼僧。
賀茂保憲(かもの-やすのり)の孫。関白藤原教通(のりみち)の侍女。監(げん)の君と称した。浮き名を流し,のち仏門にはいる。京と地方をめぐりあるき,「常住仏性」の4字をとなえて教えを説き,八十余歳で死去。死ぬとき瑞相がおおく,往生まちがいなしといわれた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

縁妙尼

生年:生没年不詳
平安中期の尼,往生者。陰陽師として著明な賀茂保憲の孫,母は歌人で「賀茂保憲女集」の作者。監の君と称して二条関白藤原教通の侍女で,好色,奔放な女性であったが,のちに道心を起こして剃髪出家し,縁妙と称した。京と地方を遍歴して唱導し,ただ「常住仏性」の4字を称え,人びとに仏事を勧め,八十余歳で没した。没時の奇瑞によって,往生疑いなしとされている。貴族社会の女性宗教者としては珍しく地方で宗教活動をした例である。<参考文献>大江匡房選『続本朝往生伝』,鴨長明選『発心集』7巻

(西口順子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

縁妙尼の関連キーワード尼僧

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android