コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縁妙尼 えんみょうに

2件 の用語解説(縁妙尼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

縁妙尼 えんみょうに

?-? 平安時代中期の尼僧。
賀茂保憲(かもの-やすのり)の孫。関白藤原教通(のりみち)の侍女。監(げん)の君と称した。浮き名を流し,のち仏門にはいる。京と地方をめぐりあるき,「常住仏性」の4字をとなえて教えを説き,八十余歳で死去。死ぬとき瑞相がおおく,往生まちがいなしといわれた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

縁妙尼

生年:生没年不詳
平安中期の尼,往生者。陰陽師として著明な賀茂保憲の孫,母は歌人で「賀茂保憲女集」の作者。監の君と称して二条関白藤原教通の侍女で,好色,奔放な女性であったが,のちに道心を起こして剃髪出家し,縁妙と称した。京と地方を遍歴して唱導し,ただ「常住仏性」の4字を称え,人びとに仏事を勧め,八十余歳で没した。没時の奇瑞によって,往生疑いなしとされている。貴族社会の女性宗教者としては珍しく地方で宗教活動をした例である。<参考文献>大江匡房選『続本朝往生伝』,鴨長明選『発心集』7巻

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

縁妙尼の関連キーワード陰陽師扶桑集陰陽家陰陽師身の上知らず生者著明賀茂光栄釈妙弓削是雄安部晴明