コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縄目 ナワメ

デジタル大辞泉の解説

なわ‐め〔なは‐〕【縄目】

縄の結び目。「縄目をほどく」
土器などの表面に縄を押し付けて作った模様。
敵などにつかまって縄で縛られること。「縄目に掛かる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なわめ【縄目】

縄の結び目。 「 -がゆるむ」
土器などの表面に残る、縄の筋目。
捕らえられて縄で縛られること。 「 -に掛かる」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

縄目の関連キーワード竹工芸(ちっこうげい)アウトラインステッチガーンジーセーターウッドランド文化チルデンセーター阿高ケーブルニットアイジー工業ドンソン遺跡鹿児島(県)イギリス美術縄蓆文土器鍵谷カナ南蛮具足縄文土器縄目の恥斜行縄文伏縄目威縄編み伏縄目

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

縄目の関連情報