コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縛する バクスル

デジタル大辞泉の解説

ばく・する【縛する】

[動サ変][文]ばく・す[サ変]
しばる。捕縛する。「手足を―・する」
自由を制約する。束縛する。
「かの陋習(ろうしゅう)に―・せられて」〈漱石吾輩は猫である

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ばくする【縛する】

( 動サ変 ) [文] サ変 ばく・す
縄でくくる。しばる。 「われを鞍に-・せし男のいふやう/即興詩人 鷗外
自由を奪う。 「貧時には貧に-・せられ/吾輩は猫である 漱石

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

縛するの関連キーワード手桎・手械・手梏・手枷tethering首枷・頸枷・頚枷保守党議員委員会封建的生産様式不動の金縛りボンデージ羈軛・覊軛史的唯物論繋束・繫束三界の首枷羽を伸ばす党議拘束義理の柵即興詩人摩利支天ノモス金縛り搦め手箝束

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android