縫い包み(読み)ヌイグルミ

デジタル大辞泉の解説

ぬい‐ぐるみ〔ぬひ‐〕【縫い包み】

芯にする物を布で包んで縫い合わせて形作ったもの。特に、綿などを芯に人や動物などの形に布を縫い合わせて作った、おもちゃの人形。「犬の縫い包み
演劇で、犬・猿・狐などの動物や怪獣の形に作った衣装俳優がその中に入って演じる。着ぐるみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぬいぐるみ【縫い包み】

中に物を入れ、包み込むように周囲を縫ったもの。特に、綿などを中に詰め、動物や人形をかたどった玩具をいう。 「 -の熊」
芝居で、俳優が動物などの役をするときに着る特殊な衣装。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android