コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縫合状 ほうごうじょうsutured

岩石学辞典の解説

縫合状

鉱物粒または不規則な形の結晶が隣接する鉱物粒とぶつかり,組み合わさった結果,粒間の隙間がなく不規則に接触した組織で,骨の縫合構造に類似している[Bowes : 1989].岩石中の結晶の接触の形状で,主に変成岩に見られるが,一部の火成岩にも存在する.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android