コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縮織(り) チヂミオリ

デジタル大辞泉の解説

ちぢみ‐おり【縮織(り)】

撚(よ)りの強い横糸を用い、織り上げたのちに温湯でもんでちぢませ、布面全体にしぼを表した織物明石産や越後産のものが有名。多くは夏着に用いる。ちぢみ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

縮織(り)の関連キーワード小千谷(市)(おぢや)上杉鷹山(ようざん)小野塚 キイ川西[町]結城(市)藤田孫太郎小千谷縮竹俣当綱縮み・縮熨斗縮縮帷子縮売り高島縮越後縮縮み

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android