コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅教 らきょうLuo-jiao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅教
らきょう
Luo-jiao

中国,明~清代,江蘇浙江福建,広東各省で,おもに水夫集団を中心として行われた秘密宗教結社。いわゆる「会党」の一つ。運糧軍人であった羅祖 (名は清) を開祖とするといわれる。彼は苦行ののち『苦功悟道巻』『嘆世無為巻』などの5部6冊の経典を作り羅教を始めた。その思想は宋代以後の臨済禅を基礎として無為解脱を力説し,個人的な清修を重んじた。のちその末流は秘密結社化し,白蓮教と同様な異端宗教として排撃されるにいたった。有名なチンパン (青 帮) の源流である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

羅教の関連キーワードチンパン(青帮)牛山 清四郎青帮

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android