コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅教 らきょう Luo-jiao

1件 の用語解説(羅教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅教
らきょう
Luo-jiao

中国,明~清代,江蘇,浙江,福建,広東各省で,おもに水夫集団を中心として行われた秘密宗教結社。いわゆる「会党」の一つ。運糧軍人であった羅祖 (名は清) を開祖とするといわれる。彼は苦行ののち『苦功悟道巻』『嘆世無為巻』などの5部6冊の経典を作り羅教を始めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羅教の関連キーワード李鍾檔案文淵閣印文土器華南明・清泉州華東福建語

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羅教の関連情報