コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅浮山 らふざん

2件 の用語解説(羅浮山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅浮山
らふざん

「ルオフー (羅浮) 山」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らふざん【羅浮山 Luó fú shān】

中国,広東省増城県北東にある山。別名東樵(とうしよう)山。主峰飛雲頂は標高1296m。道教でいう十大洞天の第7洞天に当たる。その山中には周囲一千里にも及ぶ大洞窟があって,外界同様の世界が広がり仙人が住むと考えられて,古来厚い山岳信仰の対象とされてきた。神仙術の大成者として著名な東晋の葛洪(かつこう)も,その晩年には羅浮山に隠棲して,著述と練丹に専念している。【麦谷 邦夫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone