コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練丹/煉丹 レンタン

デジタル大辞泉の解説

れん‐たん【練丹/×煉丹】

昔、中国の道士の術で、辰砂(しんしゃ)を練って不老不死の薬を作ること。また、その薬。
心気を丹田に集中して心身を練る術。
練り薬。練薬(れんやく)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

練丹/煉丹の関連キーワード寺田宗有練丹術羅浮山抱朴子竜井丹田辰砂心気道士

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android