羅紗掻草(読み)ラシャカキグサ

精選版 日本国語大辞典の解説

ラシャかき‐ぐさ【羅紗掻草】

〘名〙 マツムシソウ科の二年草。ヨーロッパ原産で、観賞用に栽培される。高さ〇・六~二メートル。茎には溝(みぞ)と刺(とげ)とがある。根生葉は倒狭長楕円形。茎葉は対生し狭長楕円形で、秋、淡紫色の花が多数密生して長さ約一〇センチメートルの円筒状の頭状花序をなす。花序には先が鉤状となった苞があり、乾燥させると硬化して織物の起毛に役立つ。和名は、果穂でラシャの表面を掻いたことによる。チーゼル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android