羅網の鳥は高く飛ばざるを恨み呑鉤の魚は飢えを忍ばざるを嘆く(読み)ラモウノトリハタカクトバザルヲウラミドンコウノウオハウエヲシノバザルヲナゲク

デジタル大辞泉の解説

羅網(らもう)の鳥(とり)は高(たか)く飛(と)ばざるを恨(うら)み呑鉤(どんこう)の魚(うお)は飢(う)えを忍(しの)ばざるを嘆(なげ)く

かすみ網にかかったは、なぜもっと高く飛ばなかったかと後悔し、釣り針にかかった魚はなぜ空腹をがまんしなかったかと悔やむ。後悔は先に立たないことのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例