後悔(読み)コウカイ

  • こうかい ‥クヮイ
  • こうかい〔クワイ〕
  • のちぐい

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)自分のしてしまったことを、あとになって失敗であったとくやむこと。「短い快楽に永い後悔」「今さら後悔しても始まらない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 してしまったことを後になって悔やむこと。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・於渡津述懐〈蓮禅〉「陽狂我向関西地。後悔百千重百千」
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)四「しらなけりゃ是非がない。必後悔(コウクイ)さっしゃるなと」 〔史記‐高祖本紀〕
〘名〙 (「のちくい」とも) あとになって悔やむこと。こうかい。のちぐえ。のちぐやみ。
※新訳華厳経音義私記(794)「後悔海無及 乃智久伊矣与保須奈」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後悔の関連情報