後悔(読み)こうかい

精選版 日本国語大辞典「後悔」の解説

こう‐かい ‥クヮイ【後悔】

〘名〙 してしまったことを後になって悔やむこと。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・於渡津述懐〈蓮禅〉「陽狂我向関西地。後悔百千重百千」
浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)四「しらなけりゃ是非がない。必後悔(コウクイ)さっしゃるなと」 〔史記‐高祖本紀〕

のち‐ぐい【後悔】

〘名〙 (「のちくい」とも) あとになって悔やむこと。こうかい。のちぐえ。のちぐやみ。
※新訳華厳経音義私記(794)「後悔海無及 乃智久伊矣与保須奈」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「後悔」の解説

【後悔】こうかい(くわい)

後でくやむ。〔左伝、哀六年〕せるに、盍(なん)ぞ其の未だ作(おこ)らざるにびて、(こ)れに先んぜざる。作りて後にとも、亦たぶこと無きなり。

字通「後」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報