後悔(読み)コウカイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐かい〔‐クワイ〕【後悔】

[名](スル)自分のしてしまったことを、あとになって失敗であったとくやむこと。「短い快楽に永い後悔」「今さら後悔しても始まらない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐かい ‥クヮイ【後悔】

〘名〙 してしまったことを後になって悔やむこと。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・於渡津述懐〈蓮禅〉「陽狂我向関西地。後悔百千重百千」
※浄瑠璃・神霊矢口渡(1770)四「しらなけりゃ是非がない。必後悔(コウクイ)さっしゃるなと」 〔史記‐高祖本紀〕

のち‐ぐい【後悔】

〘名〙 (「のちくい」とも) あとになって悔やむこと。こうかい。のちぐえ。のちぐやみ。
新訳華厳経音義私記(794)「後悔海無及 乃智久伊矣与保須奈」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後悔の関連情報