コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後悔 コウカイ

デジタル大辞泉の解説

こう‐かい〔‐クワイ〕【後悔】

[名](スル)自分のしてしまったことを、あとになって失敗であったとくやむこと。「短い快楽に永い後悔」「今さら後悔しても始まらない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうかい【後悔】

( 名 ) スル
あとになって悔やむこと。 「すんだことは-しても始まらない」
[句項目] 後悔先に立たず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後悔の関連キーワード羅網の鳥は高く飛ばざるを恨み呑鉤の魚は飢えを忍ばざるを嘆く落花枝に返らず、破鏡再び照らさず五十にして四十九年の非を知る孝行のしたい時分に親はなし死んだ子の年を数える悔やみ言・悔み言短気は未練の元ファラズダク悔やみ・悔み『更級日記』悔いの八千度口から高野フォリーズ後悔回避性噬臍・噬斉リグレット安請合い責め苛む臍を噬むたられば

後悔の関連情報