羅雲奎(読み)らうんけい(英語表記)(R)Na Un-gu

改訂新版 世界大百科事典 「羅雲奎」の意味・わかりやすい解説

羅雲奎 (らうんけい)
(R)Na Un-gu
生没年:1902-37

朝鮮の映画人。号は春史,咸鏡南道会寧の生れ。1926年《かごの鳥》に出演して以来,俳優,シナリオライター,プロデューサー監督と,映画界各方面にわたって活躍し大衆の人気を博した。27年には朝鮮人経営による最初の映画製作会社〈羅雲奎プロダクション〉を設立した。代表作《アリラン》(1926)は朝鮮民衆の抵抗精神を象徴的に暗示した作品で,彼みずからシナリオを書き,出演し,実質的には監督までしている。
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android