美弥良久(読み)みみらく

世界大百科事典 第2版の解説

みみらく【美弥良久】

日本の西の果てにあり,死者が姿を現すと信じられた島の名で,《蜻蛉日記》《散木奇歌集》などにその趣旨で詠んだ歌がみえる。しかしさかのぼって《万葉集》巻十六には〈肥前国松浦県(まつらのあがた)美禰良久(みねらく)の崎〉,《肥前国風土記》松浦郡の条に〈美弥良久の埼〉,《続日本後紀》承和4年(837)7月条に〈旻楽(みみらく)埼〉がみえ,これらは五島列島南端,福江島三井楽(みいらく)の地にあてられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の美弥良久の言及

【三井楽[町]】より

…人口4306(1995)。遣唐船の最後の停泊地であった歴史をもち,《肥前国風土記》などに記された〈美弥良久(みみらく)〉が三井楽の古名であるという。半島部は楯状火山の京ノ岳(183m)の低平な斜面からなり,ほぼ円形の火山海岸線を示し,斜面は豊かな畑作地帯を形成している。…

※「美弥良久」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android