コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根の国 ネノクニ

5件 の用語解説(根の国の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ね‐の‐くに【根の国】

死者の霊が行くとされた地下の世界。黄泉(よみ)。根の堅洲(かたす)国。
「今、詔(みことのり)を奉りて―に就(まか)りなむとす」〈神代紀・上〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

根の国【ねのくに】

古事記》には〈根堅洲国(ねのかたすくに)〉とある。素戔嗚(すさのお)尊の治める国とされると同時に,古代日本人の他界観を示す。遠い国,洋上の遠い国,地底の国などの意味をもつが,大祓(おおはらえ)の祝詞(のりと)では,現世のあらゆる罪・穢(けがれ)の集まる所とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ねのくに【根の国】

記紀の伝承において〈根の堅州国(ねのかたすくに)〉とか〈底根の国(そこつねのくに)〉などともいわれる地下の国。根の国の本質を知るためには,大己貴(おおなむち)神の物語が最適である。《古事記》によれば,八十神(やそがみ)の迫害をうけたオオナムチは父神須佐之男(すさのお)命の住む根の国に逃れ,そこでさまざまな試練にうちかった後,嫡妻となる須勢理毘売(すせりびめ)命や大刀(たち)と弓矢などを奪って地上に戻り,〈大国主神〉となって国作りを始めたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ねのくに【根の国】

地底または海上のかなたにあると考えられた古代の他界の一つ。あらゆる災いや罪・汚れの流しやられる所と考えられた。 「いぶきど主といふ神、-・底の国にいぶき放ちてむ/祝詞 六月晦大祓

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根の国
ねのくに

記紀神話での神々の生活の場であり、蜈蚣(むかで)、蛇、蜂(はち)、鼠(ねずみ)なども住む地底の他界。根堅洲国(ねのかたすくに)ともよばれる。「ね」の語義は、根源または大地(「な」の転)の意で、妣(はは)(亡母の意)の国と重ね用いられ、地上との境を黄泉比良坂(よもつひらさか)という。また極遠之根国ともよばれることから、若干の黄泉国(よみのくに)、あるいは常世国(とこよのくに)との関連の印象も示す。素戔嗚尊(すさのおのみこと)がこの世界に赴いて主者となり、ここへ訪れた大国主命(おおくにぬしのみこと)に試練を与えて、最後に葦原中国(あしはらのなかつくに)の王になれとの詔を与えることは、この他界が地的宗儀の原点であったことを語る点で重要である。なお六月晦大祓(みなづきつごもりのおおはらえ)や道饗祭(みちのあえのまつり)の祝詞(のりと)で、根の国が罪や邪霊に関連して語られるのは、素戔嗚尊の高天原(たかまがはら)での乱行の神話に規制されて語られるに至った付加的記述にすぎない。[吉井 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の根の国の言及

【大国主神】より

…途中赤裸(あかはだ)の兎と出会い,八十神が兎をいっそう苦しめたのに対しオオナムチは懇切に療法を教えて救い,よって袋を背負い従者の身なりをした末弟のオオナムチがヤカミヒメを得ることとなった。それを怒った八十神はオオナムチを欺いて二度にわたり殺すが,そのつど母神に助けられて蘇生し,祖神スサノオのいる根(ね)の国へ逃れる。根の国ではスサノオから課された蛇の室(むろ),むかで・蜂の室,野焼きなどの難題を解決したことにより,スサノオの娘須勢理毘売命(すせりびめのみこと)を妻となし,また宝器〈生大刀(いくたち)生弓矢(いくゆみや)〉を授かり,それをもって八十神を追い払い初めて国の主となったという。…

【高天原神話】より

…記紀神話には,天界高天原,地上界葦原中国(あしはらのなかつくに),地下界黄泉国(よみのくに)(もしくは根の国)という3層の神話的世界構造がみられる。それぞれに王権神話における固有の意義をにない,単に天,地上,地下というだけではない。…

【黄泉国】より

…こうした平面的な生活空間を立体的に構造化したとき,天上,地上,地下の3層から成る神話的な宇宙空間が成立する。記紀の伝承では,それらは〈高天原(たかまがはら)〉(高天原神話),〈葦原中国(あしはらのなかつくに)〉および〈黄泉国〉または〈根の国〉にそれぞれ相当する。〈黄泉比良坂〉とか〈黄泉の穴〉は,黄泉国とこの世との神話地理上の境界であり,実際そこは地下へと通ずる山中や海辺の洞窟で,死体を遺棄する場所でもあった。…

※「根の国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

根の国の関連キーワード梵語記紀垂乳根の根の堅洲国数珠根の木箱根の関一つ屋根の下屋根の日おいとの方大屋毘古神

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

根の国の関連情報