コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥前国風土記 ひぜんのくにふどき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

肥前国風土記
ひぜんのくにふどき

肥前国 (佐賀,長崎県) に関する古代の地誌。1巻。和銅6 (713) 年の官命によってつくられた「古風土記」の一つ。成立は霊亀1 (715) 年以降,天平 12 (740) 年頃より前と推定される。豊後および逸文の九州諸国の風土記との共通性が非常に濃く,大宰府でまとめて編纂されたと考えられ,さらに『常陸国風土記』との共通性から天平4 (732) 年西海道節度使となった藤原宇合 (うまかい) の手もとで成ったと考えられている。ほぼ純粋な漢文体で記され,景行天皇関係の伝承が多く,『日本書紀』の影響の多い点が特徴。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ひぜんのくにふどき【肥前国風土記】

713年の詔により作られた風土記の一。一巻。732年以後数年の間の成立か。現存本は肥前国一一郡のうち一〇郡の地誌の抄録である。主に地名の由来を記す。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肥前国風土記
ひぜんのくにふどき

地誌。一巻。732年(天平4)以後数年の間に編集されたものとみられる。巻首および各郡首はあるが、各郡の記事は不完全である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

肥前国風土記の関連キーワード大島(長崎県の旧村名)肥の国(火の国)松浦(まつうら)千代田(佐賀県)みやき(町)三井楽[町]武雄[市]中原[町]嬉野[町]鳥栖[市]大伴狭手彦太良(町)三輪山説話松浦佐用姫上峰(町)小城[町]肥前風土記武雄温泉大神神話美弥良久

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肥前国風土記の関連情報