コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福江島 ふくえじま

6件 の用語解説(福江島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福江島
ふくえじま

長崎県五島列島南端の主島。1市4町からなり,福江市が中心であったが,2004年8月奈留島も含め1市5町が合併し五島市となった。島の中部を流れる鰐川の流域は山内盆地と呼ばれ水田地帯。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふくえ‐じま【福江島】

長崎県西部、五島列島南端にある島。同列島の主島で、五島市に属する。面積328平方キロメートル、海岸線の長さ322キロメートル。最高点は島西部の父(ちち)ヶ岳(標高461メートル)。楯状火山臼状火山など火山地形が随所に見られる。深い入り江は遣唐使の停泊地として利用された。現在は、ハマチ・タイ・真珠の養殖が盛ん。北部と南西部の海岸はリアス式海岸が発達し、西海(さいかい)国立公園の一中心地となっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

福江島【ふくえじま】

長崎県五島列島南西端の島。列島中最大で,面積326.31km2。楯(たて)状火山の京ノ岳,臼状火山の鬼(おん)岳,溶岩台地の富江台地など各種の珍しい火山地形がみられ,海岸は屈曲に富み,西海国立公園の一中心。
→関連項目岐宿[町]西海国立公園玉之浦[町]富江[町]三井楽[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふくえじま【福江島】

長崎県五島列島南端の島。面積327km2で,列島中最大である。行政的には福江市のほか,南松浦郡の富江,玉之浦三井楽(みいらく),岐宿(きしゆく)の4町からなる。南東部には鬼岳(おんだけ)火山群があり,鬼岳(315m)には直径約200m,深さ70mの火口があり,なだらかな草原となっていて,頂上からの展望はすばらしい。また箕(み)岳(144m)の火口底は中学校の運動場に利用されている。南部の富江半島は標高平均20mの玄武岩溶岩台地で,ところどころに井坑(いあな)と称する溶岩トンネルがみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕福江島(ふくえじま)


長崎県西部、五島(ごとう)列島南西端の島。面積325.8km2は同列島中最大。五島市の主要部をなす。南東部は臼状(きゅうじょう)火山の鬼(おん)岳と溶岩台地、北西部は盾(たて)状火山の京ノ(きょうの)岳からなり、各種の火山地形がみられる。西海(さいかい)国立公園の中心地の一つ。隠れキリシタン関連の史跡が多い。サツマイモ葉タバコなどの畑作と畜産が主産業。ハマチ・真珠養殖も盛ん。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福江島
ふくえじま

長崎県五島(ごとう)列島南端の島。面積326.34平方キロメートル。行政的には五島市に属する。島の南東部には鬼岳(おんだけ)、火岳(ひのだけ)、箕岳(みだけ)などの臼状(きゅうじょう)火山(ホマーテ)群や、富江(とみえ)の只狩山(ただかりやま)を噴出点とする低平な台状火山が噴出して、それぞれ半島部を形成し、北西部には京(きょう)ノ岳(たけ)の楯状(たてじょう)火山(アスピーテ)が噴出して三井楽(みいらく)の半島部を形成している。島の中央部は花崗(かこう)岩地帯で山内(やまのうち)の侵食盆地があり、ここを貫流する鰐川(わんごう)は長崎県屈指の長流で、下流部は岐宿(きしく)溶岩台地を刻んで峡谷状をなしている。島の北部はリアス式海岸で、奥浦(おくのうら)湾、唐船(とうせん)ノ浦(うら)、白石浦(しろいしうら)などの湾入があり、島の西南部でも著しい溺(おぼ)れ谷の地形が示され、玉之浦(たまのうら)の湾入がある。湾の西側に架橋された島山島(しまやましま)があり、湾内には七浦の入り江がある。東シナ海に面する大瀬崎(おおせざき)では、高さ50~100メートルの海食崖(がい)が延々20キロメートルも続いて雄大な景観を展開している。遣唐使の寄港地であったため、関係史跡が多い。また、キリシタン信仰の地であり、各地に天主堂が建てられた。現在も集落の信仰拠点として生きており、国や県の文化財に指定される教会も多い。ヘゴ自生北限地帯として国の天然記念物に指定される地域がある。国道384号が島内を巡り、福江港からは長崎港および五島各地への定期船が就航する。福江空港からは長崎空港、福岡空港への便がある。人口3万9096(2009)。[石井泰義]
『『五島列島―九十九島―平戸島学術調査書』(1952・長崎県)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の福江島の言及

【五島列島】より

…列島の胴体部は地塁山地で,その後の沈水により多くの瀬戸や湾入を生じ,美しいリアス海岸をみせる。地塁山地の東側には福江島の鬼岳(おんだけ)火山(315m)や富江溶岩台地が,西側には宇久島小値賀島などの火山島や,京ノ岳火山(福江島北西端,183m)が形成されている。列島は日本の西端にあり,中国大陸に近く,かつて遣唐使の寄港地や倭寇(わこう)の根拠地となり,その遺跡は多い。…

※「福江島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福江島の関連キーワード五島福江港長崎県五島市池田町長崎県五島市江川町長崎県五島市木場町長崎県五島市幸町長崎県五島市栄町長崎県五島市堤町長崎県五島市錦町長崎県五島市蕨町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

福江島の関連情報