コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福江島 ふくえじま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

福江島
ふくえじま

長崎県五島列島南端の主島。1市4町からなり,福江市が中心であったが,2004年8月奈留島も含め1市5町が合併し五島市となった。島の中部を流れる鰐川の流域は山内盆地と呼ばれ水田地帯。その周囲は古第三紀 (おもに砂岩) の山地で,その外側に鬼岳 (317m) ,京ノ岳 (183m) ,および富江台地などがある。農主漁従の島で,五島牛の飼育で知られ,ミカン,葉タバコの栽培も行なわれる。漁業は沿岸の一本釣り定置網漁が中心。玉之浦岐宿 (きしく) 海岸はリアス海岸の景勝地で,玉之浦湾には荒川温泉がある。玉之浦湾は大正から昭和初期に漁船の前進基地として栄えた。火山岩の地域とリアス海岸地域の多くは西海国立公園に属する。遣唐使倭寇の遺跡が多く,江戸時代に移住した隠れキリシタンの集落もある。面積 320.82km2。人口4万 3321 (2000) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ふくえ‐じま【福江島】

長崎県西部、五島列島南端にある島。同列島の主島で、五島市に属する。面積328平方キロメートル、海岸線の長さ322キロメートル。最高点は島西部の父(ちち)ヶ岳(標高461メートル)。楯状火山臼状火山など火山地形が随所に見られる。深い入り江は遣唐使の停泊地として利用された。現在は、ハマチ・タイ・真珠の養殖が盛ん。北部と南西部の海岸はリアス式海岸が発達し、西海(さいかい)国立公園の一中心地となっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

福江島【ふくえじま】

長崎県五島列島南西端の島。列島中最大で,面積326.31km2。楯(たて)状火山の京ノ岳,臼状火山の鬼(おん)岳,溶岩台地の富江台地など各種の珍しい火山地形がみられ,海岸は屈曲に富み,西海国立公園の一中心。
→関連項目岐宿[町]西海国立公園玉之浦[町]富江[町]三井楽[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふくえじま【福江島】

長崎県五島列島南端の島。面積327km2で,列島中最大である。行政的には福江市のほか,南松浦郡の富江,玉之浦,三井楽(みいらく),岐宿(きしゆく)の4町からなる。南東部には鬼岳(おんだけ)火山群があり,鬼岳(315m)には直径約200m,深さ70mの火口があり,なだらかな草原となっていて,頂上からの展望はすばらしい。また箕(み)岳(144m)の火口底は中学校の運動場に利用されている。南部の富江半島は標高平均20mの玄武岩溶岩台地で,ところどころに井坑(いあな)と称する溶岩トンネルがみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕福江島(ふくえじま)


長崎県西部、五島(ごとう)列島南西端の島。面積325.8km2は同列島中最大。五島市の主要部をなす。南東部は臼状(きゅうじょう)火山の鬼(おん)岳と溶岩台地、北西部は盾(たて)状火山の京ノ(きょうの)岳からなり、各種の火山地形がみられる。西海(さいかい)国立公園の中心地の一つ。隠れキリシタン関連の史跡が多い。サツマイモ・葉タバコなどの畑作と畜産が主産業。ハマチ・真珠養殖も盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福江島
ふくえじま

長崎県五島(ごとう)列島南端の島。面積326.34平方キロメートル。行政的には五島市に属する。島の南東部には鬼岳(おんだけ)、火岳(ひのだけ)、箕岳(みだけ)などの臼状(きゅうじょう)火山(ホマーテ)群や、富江(とみえ)の只狩山(ただかりやま)を噴出点とする低平な台状火山が噴出して、それぞれ半島部を形成し、北西部には京(きょう)ノ岳(たけ)の楯状(たてじょう)火山(アスピーテ)が噴出して三井楽(みいらく)の半島部を形成している。島の中央部は花崗(かこう)岩地帯で山内(やまのうち)の侵食盆地があり、ここを貫流する鰐川(わんごう)は長崎県屈指の長流で、下流部は岐宿(きしく)溶岩台地を刻んで峡谷状をなしている。島の北部はリアス式海岸で、奥浦(おくのうら)湾、唐船(とうせん)ノ浦(うら)、白石浦(しろいしうら)などの湾入があり、島の西南部でも著しい溺(おぼ)れ谷の地形が示され、玉之浦(たまのうら)の湾入がある。湾の西側に架橋された島山島(しまやましま)があり、湾内には七浦の入り江がある。東シナ海に面する大瀬崎(おおせざき)では、高さ50~100メートルの海食崖(がい)が延々20キロメートルも続いて雄大な景観を展開している。遣唐使の寄港地であったため、関係史跡が多い。また、キリシタン信仰の地であり、各地に天主堂が建てられた。現在も集落の信仰拠点として生きており、国や県の文化財に指定される教会も多い。ヘゴ自生北限地帯として国の天然記念物に指定される地域がある。国道384号が島内を巡り、福江港からは長崎港および五島各地への定期船が就航する。福江空港からは長崎空港、福岡空港への便がある。人口3万9096(2009)。[石井泰義]
『『五島列島―九十九島―平戸島学術調査書』(1952・長崎県)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の福江島の言及

【五島列島】より

…列島の胴体部は地塁山地で,その後の沈水により多くの瀬戸や湾入を生じ,美しいリアス海岸をみせる。地塁山地の東側には福江島の鬼岳(おんだけ)火山(315m)や富江溶岩台地が,西側には宇久島小値賀島などの火山島や,京ノ岳火山(福江島北西端,183m)が形成されている。列島は日本の西端にあり,中国大陸に近く,かつて遣唐使の寄港地や倭寇(わこう)の根拠地となり,その遺跡は多い。…

※「福江島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

福江島の関連キーワード大瀬崎(長崎県)男女群島と鳥島三井楽〈町〉玉之浦〈町〉松園 嘉三次長崎県五島市玉之浦[町]大立神小島大川瀬小島小立神小島福江[市]福江〈市〉岐宿[町]富江[町]松園嘉三次岐宿〈町〉富江〈町〉福江火山群五島さんご五島[市]

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

福江島の関連情報