コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美濃屋太郎左衛門 みのや たろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美濃屋太郎左衛門 みのや-たろうざえもん

?-? 江戸時代前期,寒天の創案者。
京都伏見の旅宿主。万治(まんじ)元年(1658)の冬,戸外にすてた心太(ところてん)が凍っているのをみて工夫。売りだして評判となった。寒天と命名したのは隠元隆琦(りゅうき)という。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

美濃屋太郎左衛門

生年:生没年不詳
江戸前期,山城国(京都府)伏見駅駕籠町の本陣主人。正保~万治の間(1644~61)寒天を創案。たまたまトコロテンを戸外に放置し,翌朝凍っていたのを見て思いついたという。トコロテンを凍結後乾燥脱水させ「瓊脂の干物」と名付け売り出して評判を呼んだ。これに寒天と命名したのは,隠元禅師といわれる。<参考文献>野村豊『寒天の歴史地理学研究』

(宮下章)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美濃屋太郎左衛門の関連情報