沈魚落雁(読み)ちんぎょらくがん

精選版 日本国語大辞典「沈魚落雁」の解説

ちんぎょ‐らくがん【沈魚落雁】

〘名〙 (「荘子斉物論」の「毛嬙麗姫、人之所美也、之深入、之高飛」による語で、人間の目には美人に見えるものも、魚や鳥はこれを見て恐れて逃げるのを、後世転用して) 魚やも恥じらって姿をかくすほどの美人。すぐれてあでやかな美人の形容沈魚落雁閉月羞花羞花閉月。羞月閉花。
※洒落本・里風語(1772‐81頃)「嬋娟(せんけん)たるありさま沈魚落鳫のおもひ誠に当世の小町」 〔通俗編‐禽魚・沈魚落雁〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典「沈魚落雁」の解説

沈魚落雁

魚や雁も恥じらって姿をかくすほどの美人。すぐれてあでやかな美人の形容。

[解説] もともとは、人間の目には美人に見えるものも、魚や鳥はこれを見て恐れて逃げるという意味でしたが、後世転用されて、その美しさに魚は水の中に沈み、飛んでいる雁も落ちるという意味になりました。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「沈魚落雁」の解説

ちんぎょ‐らくがん【沈魚落×雁】

《「荘子」斉物論の「毛嬙麗姫、人の美とする所也、魚之を見て深く入り、鳥之を見て高く飛ぶ」すなわち、人の目には美しく見えるものも、魚や鳥はこれを見て驚いて逃げる意から》魚や雁も圧倒されるほどの美人。すぐれてあでやかな美人の形容に用いる語。閉月羞花しゅうか

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android