コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽室庸之助 はむろ ようのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽室庸之助 はむろ-ようのすけ

1868-1944 明治-昭和時代前期の製鉄技術者,政治家。
明治元年9月生まれ。28年若松製鉄所の技師となり,ドイツのクルップ製鉄所でまなぶ。32年設立の大阪の日本鋳鋼所で,わが国最初の鋼鉄鋳造をおこなう。大正2年羽室鋳鋼所を創立。衆議院議員をつとめた。昭和19年12月30日死去。77歳。丹波多紀(たき)郡(兵庫県)出身。東京工業学校(現東京工業大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

羽室庸之助の関連キーワード戊辰戦争金原明善(きんぱらめいぜん)カミュスタージェスもの派レジスタンス文学早竹虎吉(初代)明治東京(都)ブートレロフ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android