羽掻(読み)はがき

精選版 日本国語大辞典の解説

は‐がき【羽掻】

〘名〙 鳥がその羽をくちばしでしごくこと。はねがき。
赤染衛門集(11C中)「かくからに暫しとつつむ物ながら鴫のはがきのつらきけさかな」

はね‐がき【羽掻】

〘名〙 鳥のはばたくこと。一説に、自分の羽をくちばしでしごくこと。多く鴫(しぎ)にいう。はがき。
※古今(905‐914)恋五・七六一「暁の鴫のはねがき百(もも)はがき君が来ぬ夜は我れぞ数かく〈よみ人しらず〉」

はね‐か・く【羽掻】

連語〙 鳥がはばたく。一説に、くちばしで自分の羽をしごく。多く鴫(しぎ)にいう。
※拾遺(1005‐07頃か)恋二・七二四「ももはがきはねかく鴫も我が如くあしたわびしき数はまさらじ〈紀貫之〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android