コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽箒 ハネボウキ

4件 の用語解説(羽箒の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はね‐ぼうき〔‐ばうき〕【羽×箒】

はぼうき(羽箒)」に同じ。

は‐ぼうき〔‐ばうき〕【羽×箒】

鳥の羽で作った小形のほうき。茶道具・香道具などとして用いる。はねぼうき。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の羽箒の言及

【香道具】より

…(6)火道具 炭団(たどん)や香木,葉を扱う9種の道具で,小道具包とよぶ畳紙に納めてある。(a)羽箒(はぼうき) 柄は唐木(からき)2寸8,9分,先端に鴇(とき)などの羽毛を差してある。灰拵(はいごしら)えのときに灰を払う。…

【ブラシ】より

…植毛の方法としては,多数の小さな穴のあいた板の裏から針金ですくい上げてかがるか,穴へさしこんでのりまたは釘で止める等の方式を基本として各種ある。なお,製図などの際用いられる,カモの翼をそのまま利用した羽箒(羽根ぼうき)や,金属のさび落しなどに使う,鉄または黄銅の針金を植えたワイヤブラシなどもある。刷毛【小川 伸】。…

※「羽箒」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羽箒の関連情報