コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翡翠彫刻 ひすいちょうこくjade carving

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翡翠彫刻
ひすいちょうこく
jade carving

翡翠細工を施すこと,またその細工品。歴史的には新石器時代の石器に始まるが,しだいに装飾性が与えられ,儀礼的に使用されるに及んで,宝玉としての価値を生じた。東洋では中国のいわゆる玉器が高度な技術を展開しており,タイペイ(台北)市故宮博物院のものが有名。東洋以外ではメキシコの翡翠彫刻が優れている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

翡翠彫刻の関連キーワード故宮博物院[台北]タイペイ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android