コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翡翠 ひすいjade; jadeite; nephrite

6件 の用語解説(翡翠の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翡翠
ひすい
jade; jadeite; nephrite

透明ないし不透明の,主として緑色の光沢を有する硬玉および軟玉。一般に宝石として扱われているものは,軟玉ではなく硬玉のほうであり,その主産地はミャンマー。日本では新潟県糸魚川市で産出されることが知られている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かわ‐せみ〔かは‐〕【翡翠/川×蝉】

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。全長17センチくらい。頭から背にかけて光沢のある青緑色、腹は栗色。くちばしは大きく、黒色で、雌は下くちばしが赤。水に飛び込んで魚を捕って食べる。ユーラシアに分布。日本では水辺にみられ、留鳥。翡翠(ひすい)。しょうびん。そにどり。 夏》「―や露の青空映りそむ/波郷
カワセミ科の鳥の総称。ヤマセミアカショウビンワライカワセミなど、世界に約90種が分布。

しょう‐びん【翡翠】

カワセミ科の鳥のこと。特に、カワセミの別名。 夏》

ひ‐すい【××翠】

カワセミの別名。雄が翡、雌が翠。
カワセミの羽の色。美しく光沢のある髪の色などにたとえる。翡翠色。
つやのある緑色の硬玉。また、硬玉軟玉の総称。主に翡翠輝石からなり、美しさをカワセミの背にたとえた名。主産地はミャンマー・中国などで、日本では新潟県糸魚川市小滝川付近から産出。古来、装飾品に用いられる。平成28年(2016)、日本鉱物科学会により国石(こくせき)(国を代表する石)に指定された。ジェード

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうびん【翡翠】

カワセミの別名。

ひすい【翡翠】

カワセミの別名。 [季] 夏。 〔「翡」は雄、「翠」は雌〕
カワセミの羽。また、その羽のように青々として光沢のあるもの。 「佳人晨糀しんそうを飾りし弘徽殿の前には、-の御簾半より絶えて/太平記 14
髪の毛が美しく光沢のあること。また、そのような髪の毛。みどりの黒髪。ひすいのかんざし。 「御髪はゆらゆらと、-とはこれをいふにやと見えて/寝覚 5
硬玉こうぎよくと軟玉なんぎよくとの総称。その神秘的な深い色合いから、古来、中国で珍重された。ジェード。
鳥の尾にある長い羽。 〔色葉字類抄〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

翡翠の関連情報