コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翡翠 ひすいjade; jadeite; nephrite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翡翠
ひすい
jade; jadeite; nephrite

透明ないし不透明の,主として緑色の光沢を有する硬玉および軟玉。一般に宝石として扱われているものは,軟ではなく硬玉のほうであり,その主産地はミャンマー。日本では新潟県糸魚川市で産出されることが知られている。緑色の発色は結晶体中に含有されている微量のクロムによる。色調は白緑色から紫色まであるが,大部分は緑色。翡は特に東洋で珍重され,その多くは中国のコワントン (広東) やシャンハイ (上海) で彫刻されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かわ‐せみ〔かは‐〕【翡翠/川×蝉】

ブッポウソウ目カワセミ科の鳥。全長17センチくらい。頭から背にかけて光沢のある青緑色、腹は栗色。くちばしは大きく、黒色で、雌は下くちばしが赤。水に飛び込んで魚を捕って食べる。ユーラシア分布。日本では水辺にみられ、留鳥。翡翠(ひすい)。しょうびん。そにどり。 夏》「―や露の青空映りそむ/波郷
カワセミ科の鳥の総称。ヤマセミアカショウビンワライカワセミなど、世界に約90種が分布。

しょう‐びん【翡翠】

カワセミ科の鳥のこと。特に、カワセミ別名 夏》

ひ‐すい【××翠】

カワセミの別名。雄が翡、雌が翠。
カワセミの羽の色。美しく光沢のある髪の色などにたとえる。翡翠色。
つやのある緑色の硬玉。また、硬玉軟玉の総称。主に翡翠輝石からなり、美しさをカワセミの背にたとえた名。主産地はミャンマー・中国などで、日本では新潟県糸魚川市の小滝川付近から産出。古来、装飾品に用いられる。平成28年(2016)、日本鉱物科学会により国石(こくせき)(国を代表する石)に指定された。ジェード

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうびん【翡翠】

カワセミの別名。

ひすい【翡翠】

カワセミの別名。 [季] 夏。 〔「翡」は雄、「翠」は雌〕
カワセミの羽。また、その羽のように青々として光沢のあるもの。 「佳人晨糀しんそうを飾りし弘徽殿の前には、-の御簾半より絶えて/太平記 14
髪の毛が美しく光沢のあること。また、そのような髪の毛。みどりの黒髪。ひすいのかんざし。 「御髪はゆらゆらと、-とはこれをいふにやと見えて/寝覚 5
硬玉こうぎよくと軟玉なんぎよくとの総称。その神秘的な深い色合いから、古来、中国で珍重された。ジェード。
鳥の尾にある長い羽。 〔色葉字類抄〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

翡翠 (カワセミ)

学名:Alcedo atthis
動物。カワセミ科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

翡翠の関連キーワードテワヒポウナム南西ニュージーランドスペシャル・エディション「清王朝」ワットプラケオ〈チェンライ〉翡翠輝石藍閃石型変成相系列ローソン石曹長石緑泥石相カボッション・カットヤマセミ(山翡翠)ローソン石曹長石相新潟県糸魚川市外波ジェードグリーングリーンストーンジェデオライトアストリド岩音江環状列石三内丸山遺跡藍閃石片岩相ジェイダイト翠花・翠華グレーマス勾玉/曲玉

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

翡翠の関連情報