コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉器 ぎょくき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉器
ぎょくき

礼器の一種。主として古代中国で軟玉を用いてつくられた装飾品をいい,,玉柄,,こう,瓏,玉札,彫玉,玉蝉,そうなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎょっ‐き〔ギヨク‐〕【玉器】

玉製の器物。また、玉で飾った器物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

玉器【ぎょっき】

中国の軟玉製儀器類。新石器時代に製作がはじまり,殷周秦漢代に発達した。日本では中国製の玉器の出土例はないが,弥生時代の福岡県須玖(すぐ)遺跡,三雲(みくも)遺跡から出土した漢代のガラス璧(へき)が,玉器の系譜をひく。
→関連項目金村古墓三星堆遺跡焼溝漢墓良渚文化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょっき【玉器 yù qì】

玉器は中国において早く長江(揚子江)下流の新石器時代後期の良渚文化(前3千年紀中ごろ~前2千年紀初め)で高度に発達していることが最近明らかになった。装身具に腕輪,いわゆる玦状(けつじよう)耳飾,弓なりの首飾や小玉(こだま),垂飾,かんざし等がある。後世,瑞玉(ずいぎよく)と呼ばれた玉器,すなわち王が臣下に領土を安堵し,あるいは何かの任務を命ずる際にしるしとして貸与し,また貴族間の贈物に使われた象徴的な玉器も多く作られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょっき【玉器】

玉製の器物。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

玉器の関連キーワードホータン(和田)地区カク国墓地玉器(ぎょっき)玉器(ぎょくき)といし(砥石)ノイン・ウラ唾く・唾吐く玦状耳飾り小営子遺跡四平山石塚乾隆ガラス馬王堆漢墓李峪村古墓侍婢・侍女清の美術中山王墓新鄭古墓白城遺跡曾侯乙墓沙井遺跡

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉器の関連情報