コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉器 ぎょくき

5件 の用語解説(玉器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉器
ぎょくき

礼器の一種。主として古代中国で軟玉を用いてつくられた装飾品をいい,,璋,玉柄,,こう,瓏,玉札,彫玉,玉蝉,そうなどがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぎょっ‐き〔ギヨク‐〕【玉器】

玉製の器物。また、玉で飾った器物。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

玉器【ぎょっき】

中国の軟玉製儀器類。新石器時代に製作がはじまり,殷周秦漢代に発達した。日本では中国製の玉器の出土例はないが,弥生時代の福岡県須玖(すぐ)遺跡,三雲(みくも)遺跡から出土した漢代のガラス璧(へき)が,玉器の系譜をひく。
→関連項目金村古墓三星堆遺跡焼溝漢墓良渚文化

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぎょっき【玉器 yù qì】

玉器は中国において早く長江(揚子江)下流の新石器時代後期の良渚文化(前3千年紀中ごろ~前2千年紀初め)で高度に発達していることが最近明らかになった。装身具に腕輪,いわゆる玦状(けつじよう)耳飾,弓なりの首飾や小玉(こだま),垂飾,かんざし等がある。後世,瑞玉(ずいぎよく)と呼ばれた玉器,すなわち王が臣下に領土を安堵し,あるいは何かの任務を命ずる際にしるしとして貸与し,また貴族間の贈物に使われた象徴的な玉器も多く作られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぎょっき【玉器】

玉製の器物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

玉器の関連キーワード揚子江揚子江気団安徽江北潯陽巫山蕪湖良渚文化長江(揚子江)デルタ地帯揚子江デルタ地帯

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉器の関連情報