翰墨城(読み)かんぼくじょう

大辞林 第三版の解説

かんぼくじょう【翰墨城】

手鑑てかがみ。一帖三一一葉。大聖武おおじようむ・高野切こうやぎれ・石山切などの古筆名物切を所収。国宝。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かんぼくじょう ‥ジャウ【翰墨城】

名跡集(手鑑(てかがみ))。一帖三一一葉。古筆了仲所伝のもので大聖武(おおじょうむ)、中聖武、高野切(こうやぎれ)、伊予切、石山切などの多くの名物切れを所収。国宝。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android