コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翰林公園 かんりんこうえん

1件 の用語解説(翰林公園の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

かんりんこうえん【翰林公園】

韓国のチェジュド(済州島)の中心都市、済州市の郊外にある公園。園内には亜熱帯植物園や挟才窟・双竜窟(洞窟)、民俗村、水石館などがある。植物園にはブーゲンビリアサボテンのほか、熱帯・亜熱帯の植物、ハーブ、済州島特産のミカンなどの果物がある。挟才窟・双竜窟は、漢拏山の噴火によってできた溶岩洞窟と石灰洞窟が入り混じった洞窟である。◇「ハムリムコンウォン」とも読む。翰林公園の前には白砂と溶岩でできた挟才ビーチが広がっている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

翰林公園の関連キーワード済州島チェンナイ済州道ジュドバル広場ブチェジ山済州特別自治道済州マラソンフェスティバル済州韓国・済州島の海女済州火山島と溶岩洞窟群

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone