翼弁/翼瓣(読み)ヨクベン

デジタル大辞泉の解説

よく‐べん【翼弁/翼×瓣】

蝶形花(ちょうけいか)で、左右一対ある花びら。鳥の翼に見立てていう。その上方に旗(き)弁、下方に竜骨(りゅうこつ)弁がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よくべん【翼弁】

蝶形花冠ちようけいかかんの五花弁のうち中間にある左右一対の花弁。翼弁の上部一枚は旗弁きべん、下部二枚は竜骨弁という。 → 蝶形花

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android