コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人雑話 ろうじんざつわ

1件 の用語解説(老人雑話の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろうじんざつわ【老人雑話】

近世初期に成立した随筆。儒医江村専斎(1565‐1664)の談話を門人伊藤坦庵(宗恕)が筆録編集した書。2巻。戦国時代から近世初頭にかけての武将の逸事や軍事,文事,医事,能,茶,京都の地理などに関する話を達意の文章でつづっている。とくに豊臣秀吉に関する逸事は白眉の記事であるが,必ずしもすべてが真実とは言い難い。随筆としては優れたものである。活字本は《改訂史籍集覧》《随筆文学選集》《続国民文庫雑史集》所収。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の老人雑話の言及

【江村専斎】より

…禁裏に近い新在家に住し,和歌にも長じ細川幽斎,木下長嘯子らと交遊,また長寿の秘訣を後水尾上皇に奏聞して鳩杖を下賜された。100歳の長寿を保ち,動乱の時代に生きた専斎の体験や伝聞を,伊藤坦庵が筆録したのが《老人雑話》である。【鎌田 道隆】。…

※「老人雑話」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

老人雑話の関連キーワード十二段草子古金襴鉛銭福知山用捨箱石火矢伊藤坦庵江村既在江村剛斎江村専斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone