談話(読み)ダンワ

デジタル大辞泉の解説

だん‐わ【談話】

[名](スル)
話をすること。会話。はなし。「なごやかに談話する」「談話室」
ある事柄に関して、非公式にまたは形式ばらずに意見を述べること。また、その内容。「首相の談話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

だんわ【談話 discourse】

文章や会話のように首尾一貫性を備えた複数連なり,あるいはそのような文の連なりを作り出す事象のこと。ことばを使ってコミュニケーションを行うときには複数の文がまとまって使われる。それらの文は互いにばらばらなわけではなく,首尾一貫性を備えている。人びとは何かをことばで表現するとき,言いたい事柄を秩序立てて語ろうと努める。受け手側もひとつひとつの文だけでなく,それら相互の関係・構造を読みとろうとする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

だんわ【談話】

( 名 ) スル
はなしをすること。くつろいで会話を交わすこと。 「友人と-する」
ある事柄についての非公式な意見。 「首相の-」
〘言〙 〔discourse〕 文より大きい言語単位で、あるまとまりをもって展開した文の集合。話されたもの、書かれたものの両者を含む。テクスト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

談話の関連情報