老猾(読み)ロウカツ

大辞林 第三版の解説

ろうかつ【老猾】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
年長けて経験を積んでいて、ずるがしこい・こと(さま)。老獪。 「 -な面おもてに一種の微笑を泛うかべて/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android