コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老獪 ロウカイ

デジタル大辞泉の解説

ろう‐かい〔ラウクワイ〕【老×獪】

[名・形動]いろいろ経験を積んでいて、悪賢いこと。また、そのさま。老猾(ろうかつ)。「老獪なやり口」
[派生]ろうかいさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうかい【老獪】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
経験を積んでいて、非常にわるがしこい・こと(さま)。 「 -な手口」 「 -な政治家」 「 -ぶりを発揮する」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

老獪の関連キーワード廊・朗・郞・労・勞・廊・弄・朗・楼・樓・浪・漏・牢・狼・籠・老・聾・臘・蝋・蠟・郎・陋・露コジモ・デ・メディチガッタメラータ騎馬像梅雨小袖昔八丈第二次世界大戦下腹に毛がない甲羅が生える正親町天皇後白河天皇鳥居を越す古博打打ち島崎藤村ラディゲ狩野派手口派生老猾陳者山千

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老獪の関連情報