コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐食アルミニウム合金 たいしょくアルミニウムごうきんcorrosion-resistant aluminium alloy

1件 の用語解説(耐食アルミニウム合金の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐食アルミニウム合金
たいしょくアルミニウムごうきん
corrosion-resistant aluminium alloy

アルミニウムの耐食性をそこなうことなく,合金元素を添加して,強度を改善した合金。添加元素として,圧延や押出し加工の場合はマンガンマグネシウム,マグネシウムとケイ素を,鋳物材ではマグネシウム,ケイ素,およびその両方を用いるのが一般的である。マグネシウムとケイ素を添加した合金の場合は熱処理を施すが,ほかは非熱処理型の合金である。熱処理型では JIS A6061,同じく 6063,非熱処理型では 3003,5005,5052,5154,5083などが代表的で,フィン材,圧力容器,船舶・車両・建築の内外装材,サッシなどに利用される。また鋳物材では AC4A,AC4C,AC4CH,AC7Aなどがあり,自動車,船舶用部品,架線部品,自動車用車輪などに利用される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耐食アルミニウム合金の関連情報