コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐食アルミニウム合金 たいしょくアルミニウムごうきんcorrosion-resistant aluminium alloy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐食アルミニウム合金
たいしょくアルミニウムごうきん
corrosion-resistant aluminium alloy

アルミニウムの耐食性をそこなうことなく,合金元素を添加して,強度を改善した合金。添加元素として,圧延や押出し加工の場合はマンガン,マグネシウム,マグネシウムとケイ素を,鋳物材ではマグネシウム,ケイ素,およびその両方を用いるのが一般的である。マグネシウムとケイ素を添加した合金の場合は熱処理を施すが,ほかは非熱処理型の合金である。熱処理型では JIS A6061,同じく 6063,非熱処理型では 3003,5005,5052,5154,5083などが代表的で,フィン材,圧力容器,船舶・車両・建築の内外装材,サッシなどに利用される。また鋳物材では AC4A,AC4C,AC4CH,AC7Aなどがあり,自動車,船舶用部品,架線部品,自動車用車輪などに利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

耐食アルミニウム合金の関連キーワードヒドロナリウム

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android