コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧力容器 あつりょくようき pressure vessel

3件 の用語解説(圧力容器の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

圧力容器
あつりょくようき
pressure vessel

原子炉の炉心部と冷却材を収めた容器。冷却材による熱エネルギーの外部への取り出しを効率的に行なうため内部に 100気圧前後の高い圧力がかかっている。また炉心の核物質を封じ込めて原子炉を安全に保つ役割もあり,原子炉の構造上で最も重要な部分である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

圧力容器

原子炉の炉心部分を収める鋼鉄製の頑丈な円筒容器。100万kW級原子炉でみると、沸騰水型炉は直径約6m、高さ約23m、加圧水型炉は直径約4.5m、高さ約13m。炉心部分に燃料集合体、炉内構造物として制御棒などがあり、容器内は一次冷却水で満たされている。水は1気圧では100℃で沸騰するが、効率よく発電するにはもっと高温にしなければならない。そのために圧力容器内を高圧にする。沸騰水型炉では70気圧285℃、加圧水型炉では157気圧320℃。燃料棒が破損するなどの事故が起きたときは、放射性物質閉じ込める役目もする。運転時には高温・高圧となっている。冷却材入り口・出口や蒸気出口等の外部とつながる部分は、太く丈夫な配管で接続されている。

(渥美好司 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あつりょく‐ようき【圧力容器】

内部を一定の圧力に保つことができる容器。ガスボンベボイラーなどに利用される。
原子炉圧力容器

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

圧力容器の関連キーワード研究炉沸騰水型原子炉反応度事故炉心原子炉格納容器原子炉圧力容器燃料溶融炉心損傷炉水中性子吸収材

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

圧力容器の関連情報