コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耙労 はろう pá láo

1件 の用語解説(耙労の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

はろう【耙労 pá láo】

中国古来からの農具。耙は耕起した土を粗砕したり,地中の毛細管を地表面で切断するのに使用され,労は土を細砕し,鎮圧して毛細管をととのえるのに使用する。華北の農業は一般に雨水にたよっているため,地中の水分の可能な限りの利用が望ましい。そのため耕起ののち,耙で土を破砕し,次いで労を使用して土を細砕すると同時に毛細管をしめて土中の水分を上昇させる作業を繰り返す。すなわち耕→耙→労→耙→労の繰り返し作業をするわけで,労耙作業は回数が多いほどよいという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

耙労の関連キーワード陰陽師耕稼春秋天・地・人農具版築布銭柴杷攪土器田起し

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone