コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳塞餅 みみふさぎもち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耳塞餅
みみふさぎもち

ミミフタギモチともいう。同年の者が死んだ際,その死に引込まれないよう関係を断ち生延びるための呪法。村内または家の見える範囲の同年者が死ぬと,急いで餅をつき,その餅で耳をふさいで「おれだけは生かしといてください」などと唱えたのち,餅をうしろに投捨てる。この習俗は,現在はほとんどすたれており,一部の地方で 15~16歳までの子供の場合に限って行われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android