コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耳抜き ミミヌキ

デジタル大辞泉の解説

みみ‐ぬき【耳抜き】

鼓膜の内側と外側に生じた圧力差を解消する方法。鼻を摘み、口を閉じた状態で、鼻から空気をはき出すようにすることで耳へ空気を送る。潜水中や航空機搭乗中などに、水圧気圧の急激な変化によって、耳が痛くなったり、聞こえにくくなったりした場合に行う。唾を飲み込む、あくびをするように顎を大きく動かすなどの方法もある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みみぬき【耳抜き】

潜水時に、鼓膜内部の圧力を、外部の水圧と同じにすること。鼻をつまんで耳管から空気を送る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

耳抜きの関連キーワードヴァルサルヴァ法スキンダイビングスダフェッド航空性中耳炎圧平衡耳管外部

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android