コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聖サルバトール大聖堂 せいサルバトールだいせいどう

1件 の用語解説(聖サルバトール大聖堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

せいサルバトールだいせいどう【聖サルバトール大聖堂】

ベルギー北西部、ウェストフランデレン州の州都ブリュージュにある大聖堂。鉄道ブリュージュ駅から約1.2kmの場所にある。首都ブリュッセルからブリュージュまでは鉄道で約1時間かかる。12世紀に建設が始まり、15世紀に完成したブリュージュ最古の教会である。その後、何度か火災に見舞われ、修復・再建を繰り返した。高さ99mの塔は12世紀に建造を開始したが、塔の上部は19世紀に再建されたものである。多くのタペストリーや美術品、中世の墓がある。中でも見どころは1730年に制作されたタペストリーといわれ、そのモデルとなった絵画も残されている。また、ブリュージュ最古のパイプオルガンもある。聖堂内部には大聖堂博物館が併設され、絵画や聖遺物の箱などが展示されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

聖サルバトール大聖堂の関連キーワードベルギーウエストファリアグラスレイコーレンマルクトコーレンレイジンメルの塔ネアンデルタールノルトラインウェストファーレンブルッヘフロイデンベルク

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone